会員一覧 Member summary

会員 (チーム) 情報

TX-CSIRT

チームの正式名称 NTTテクノクロスシーサート
チームの略称 TX-CSIRT
所属する組織名 NTTテクノクロス株式会社
設立年月日 2016年7月1日
チームの Email アドレス
チームサイト
所属組織サイト https://www.ntt-tx.co.jp/
加盟年月 2017 年 12 月

 

1. 概要
  当社は、旧NTTソフトウェア株式会社と旧NTTアイティ株式会社が合併し、NTTアドバンステクノロジ株式会社からメディア系技術の事業を譲受して2017年4月に誕生しました。NTTテクノクロスの「クロス」には、最先端技術を横断的に掛け合わせ、すなわちクロスさせることで、社会やお客さまの課題にあわせて応用し、ビジネス向上のお役に立ちたいという思いを込めています。NTT研究所の先進技術を活用し、皆さまに役立つソリューションを創出して、お客さまとともにその先の社会に貢献してまいります。
2. 設立の経緯・背景
  サイバー攻撃が巧妙化、悪質化する中、NTTグループ内におけるサイバーセキュリティ態勢の益々の強化、信頼の確保が求められており、サイバーセキュリティインシデントの未然防止、被害局限化を目的に、2016年7月、旧NTTソフトウェア内に前身である「NS-CSIRT」を立ち上げ、活動を開始しました。2017年4月には、会社統合による社名変更により、名称も「TX-CSIRT」に改め、活動を継続しております。
   
3. 会社内における位置づけおよび活動内容
  (1) 位置づけ
社内のセキュリティマネジメントを統括する「統合マネジメントシステム推進室(TMS室)」内に専担チームを配置し、高度な技術支援が必要な場合は、事業部に所属するセキュリティ技術者が支援する組織横断的なバーチャル体制で運営しています。

(2) 活動内容
主に、以下の活動を実施しています。
・セキュリティ関連情報提供
 脆弱性情報、インシデント事例、セキュリティ関連ニュース等のセキュリティ関連情報を社内に提供
・脆弱性情報ハンドリング
 ツールを活用して、脆弱性情報の収集と影響する機器、影響度を自動的に識別し、社内に情報配信するとともに、対応 状況を把握、管理。
・インシデントハンドリング
 インシデントの検知・受付、トリアージュ、原因究明、対策支援、レポーティング、再発防止策検討等のハンドリング 業務。