TRANSITS Workshop NCA Japan 開催

TRANSITSとは、CSIRTの設立の促進、既存のCSIRTの対応能力向上を目的としたヨーロッパのプロジェクトです。これは、4つの主要なモジュールにて構成されており、 インシデントレスポンスに関するノウハウの結集とも言えます。その内容は、CSIRT関係者はもちろんのこと、CSIRTに留まらず、セキュリティ関連業務を実施する組織にとって大いにメリットを得られるトレーニングコンテンツです。主なメリットとして、「組織的なセキュリティ対策のベストプラクティス及びスタンダードの習得」、「インシデントレスポンス体制の"あるべき姿"の把握」、「既存のインシデントレスポンス体制の見直しのためのツールとして利用」、「CSIRT 構築・展開方法論の把握」、「(特に技術スタッフが意識することの少ない)法制度の理解促進」、「新規メンバのセキュリティ関連業務の理解促進等」等が挙げられます。


なお、過去において チェコ(2004年)、フランス(2005年)、アメリカ/ボルチモア(2006年)、韓国(2006年)、ブラジル(2006年)、日本(2009年、2010年、2012年、2013年6月)での開催実績があります。今回、TRANSITS Workshop NCA, Japan では、オペレーション(Operational Module)、組織(Organizational Issues)、技術(TechnicalIntroductin & Attack Vectors)の3つのモジュールについて開催いたします。
今回、技術(Technical Introductin & Attack Vectors)は日本で初めての試みです。この技術はCSIRTのメンバーとして知っておくべき技術や脅威を解説するもので、これからCSIRTを構築していくメンバーが取得すべき技術/知識の方向性を知る内容ともなっています。


TRANSITS モジュール概要

オペレーション
(Operational Module)
セキュリティ対策を行う組織(CSIRT)の効果的な運用方法のノウハウ
Tr3
(Organizational Issues)
組織的なセキュリティ対策を行うためのCSIRTの構築方法のノウハウ
技術
(Technical Introductin & Attack Vectors)
侵入者の手口/脆弱性/悪意のあるコード/対策
法制度
(Legal Issues)
どうやって法律が作られるか/どんな法律が実在するか/法律の扱い方
(※翻訳が未完のためTRANSITS Workshop 2013, NCAでは実施いたしません。)

開催概要

開催日時 2013年11月19日(火) 9:00-17:30
[スケジュール]
09:00 ~ 09:20 開場 (受付、入場)
09:40 ~ 09:50 イントロダクション
09:50 \11:50 Tr3(Organizational Issues)
11:50 ~ 13:00 昼食
13:00 ~ 15:00 オペレーション(Operational Module)
15:00 ~ 15:20 休憩
15:20 ~ 16:50 技術(Technical Introduction & Attack Vectors)
16:50 \17:10 Closing
17:30 会場クローズ
※カリキュラムの順番等は変更になる場合がございます。
開催場所 LINE株式会社 渋谷オフィス
〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 27階
http://linecorp.com/company/map
受講対象者 ・CSIRTの設立の促進、既存のCSIRTの対応能力向上を行いたい方
・セキュリティ関連業務を行っている方 等
定員 25名
参加費 お弁当代(500円程度)
主催 日本シーサート協議会
TRANSITS Workshop NCA Japan 実行委員会
 講師及びサポート担当
 沼田亜希子(HIRT)
 杉浦芳樹(NTT-CERT)
 林郁也(NTT-CERT)
 満永拓邦 (JPCERT/CC)
 石塚元(NTT Communications)

 増村 洋二 (LINE-CSIRT)
 瀬古 敏智 (JPCERT/CC)
 山本 健太郎 (JPCERT/CC)
 他(調整中)
翻訳及びマテリアル提供 一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター
会場提供 LINE株式会社
印刷 JPCERT/CC, HIRT, NTT-CERT
お申込方法 お申し込み多数につき、受付を締めきりました。
更新 : 2013/10/24