シーサートワークショップ in 関東
~お試し企画oViceで情報交換しよう~
開催報告

2021年10月8日
日本シーサート協議会 地区活動委員会
 

9月24日に「シーサートワークショップ in 関東 ~お試し企画oViceで情報交換しよう~」を開催いたしました。 いつもはZoomミーティングで行っているワークショップを、新しい試みとして※oVice(オヴィス)を使って開催し、講演のほか同時に3つのコミュニケーション・イベントを開催いたしました。 新しいツールでの開催ということもあり、多少操作に戸惑った場面もありましたが、講演、イベントともに有意義な時間を過ごしていただけたかと思います。詳しくは以下の開催報告をご覧ください。
※oVice(オヴィス)は、リモートワークやオンラインイベントで使えるオンライン・コミュニケーションツールです。https://ovice.in/ja


<運 営>
  • 渡辺 文恵 @ DeNA CERT(取りまとめ)
  • 小原 彩 @ SBT-CSIRT
  • 倉持 愼一郎 @ FSAS-CSIRT
  • 杉浦 芳樹 @ NTT-CERT
  • 羽場 満 @ Canon-CSIRT
  • 福田 かおり @ DNV-SIRT
  • 山賀 正人 @ 専門委員
  • 林 郁也 @ NTTCom-SIRT
  • 乾 奈津子 @ 専門委員
  • 粕淵 卓 @ NTT-WEST CIRT
  • 橘 喜胤 @ RFT-CSIRT
  • 山本 健太郎 @ 事務局(JPCERT/CC)
  • 田村 俊輔 @ 事務局(JPCERT/CC)
  • ※敬称略


主催
日本シーサート協議会 地区活動委員会

日時
2021年9月24日(金)14:00-17:00

場所
オンライン(oVice)

参加者
51名(加盟組織:41、オブザーバー:7、講師:1)

プログラム
1
日本シーサート協議会(NCA)について
  1. 日本シーサート協議会の紹介 運営委員 羽場 満(Canon-CSIRT)
  2. 加盟手続きについて 事務局 田村 俊輔(JPCERT/CC)

2
講演・WG紹介
  1. システム連携推進SWG 主査小笠原恒雄(LACERT)
  2. ・今さらきけないMISP
    MISPに関する基本情報、活用事例などをわかりやすく丁寧にご説明いただきました。
    ・システム連携推進SWG紹介
    小笠原さんが主査をしている「システム連携推進SWG」の活動を紹介いただきました。

3
イベント
  1. (ルーム1)「今さら聞けないMISP」ディスカッション
    【担当】小笠原恒雄(LACERT)、倉持 愼一郎(FSAS-CSIRT)
    前半の講演「今さら聞けないMISP」講師と参加者と双方向でのディスカッションを行いました。MISPはなんとなくは知っていたが、ここに参加して具体的イメージが沸いた、使ってみようと思う、などの声が上がりました。
  2. (ルーム2)お悩み相談室
    【担当】小原 彩(SBT-CSIRT)、福田 かおり(DNV-SIRT)、山賀 正人(専門委員)
    参加者のちょっとしたお悩みを共有していただき、みんなで意見やアイディアを出し合う場です。いつもは加盟組織限定で行っているのですが、今回はオブザーバー組織の方のお悩みを中心にディスカッションしました。
  3. (ルーム3)セキュリティ借り物競争ゲーム
    【担当】乾 奈津子(専門委員)、粕淵 卓(NTT-WEST CIRT)、橘 喜胤(RFT-CSIRT)
    セキュリティにまつわる謎を解き、その解いた謎から導き出された「借り物」を用意するというゲームです。今回チーム戦で行いました。初対面でもセキュリティの謎を解くことを通じて仲良くなれるゲームとなりました。
 
※敬称略


ワークショップの様子

アンケートの声(抜粋)

●Q3.今回のワークショップは役に立ちましたか?
NCA04

●Q04.Q03でそう答えた理由を教えてください。
・「今さら聞けないMISP」が有益でした。お悩み相談室は時間内に発言できなかったので(人見知りが過ぎました)次は必ず発言したいと思います。
・MISPを実際に活用されている方からお話を聞ける機会はそうそうなく、いくつか質問させて頂きましたがためになりました。
・お悩み相談室でシーサート構築の多様な方法・方向性を参加者の皆様から教えていただき、大変参考になりました。普段は相談できる機会が少ないため、大変貴重な機会と感じました。
・他社様の取り組みやNCAの活用方法なども理解できました。早々にCSIRT構築してNCAに正式加盟したいと思います。
・MISPについても勉強になり、イベントルームではセキュリティ借り物競争に参加しましたが、自社の研修でも活用出来そうだと思いました。
・「お悩み相談室」で、相談されている内容が当社も過去や現在直面したり悩んだりしたことでしたので、大変うれしかったです。ようやくこういう話ができる場所に来られたと思いました。
・皆様とコミュニケーションを取りながら参加できたのでよかったです。当方はセキュリティ関連業務専任になったばかりなので、まだ知識が浅く開始前は大変緊張しておりましたが、たくさん会話ができたことで緊張も解け次回以降も参加しやすくなりました。

●Q8 oViceを利用したワークショップにまた参加したいと思いますか?
■「はい」の理由
・リアクションがZoomよりとりやすいのと、ブレイクアウトルームと違って移動が簡単にできるのがいいと思います。
・リアリティがある
・一定の操作慣れは必要ですが、上手く使うことで、既存のワークショップとは違った仕掛け・取り組みができるように思います。
・気軽に参加できるのが非常にありがたいです。
・雑談がしやすかったです。知っている方をお見掛けしたこともあり、話しかけに行きたかったので次回は自由時間があると嬉しいです。
・拍手など気軽に表現を伝えるとることができるためです
■「いいえ」の理由
・zoomなどの方が良いと思いました。
・あまり使いやすいと感じなかった。zoomでブレイクアウトルームを使うなどでもいいのかなと思いました。

●Q10.今回のワークショップに参加して、自社の課題/問題としての気づきがありましたか?
NCA05

●Q12.今後やってほしいワークショップテーマがあればお書きください。
・グループ全体での机上訓練(セキュリティ人狼とか、メール訓練とか)
・一般ユーザへのセキュリティ啓発
・今回と同じ「oVice を使った情報交換」を主目的にしたものをもう1回くらいやってもいいかも。
・人材育成!後進の育成!
・他社とコミュニケーションがとれるような楽しいワークショップ