活動内容 Content of activities

CSIRT 評価モデル検討 WG 特別活動

『「新型ウイルス感染リスク禍における CSIRT 活動で考慮すべきこと
- CSIRT対応プラクティス集 ( ver.1.0 ) - 』の公開

新型コロナウイルス感染症拡大や緊急事態宣言によって生じたCSIRT活動のうち、特に、インシデント検知、インシデント対応について、実際の対応経験を踏まえてメンバーの安全確保、感染防止を行いながらCSIRT活動を継続して実施するために検討整理すべき点を整理しました。

『「新型ウイルス感染リスク禍における CSIRT 活動で考慮すべきこと」
 - CSIRT 対応プラクティス集 ( ver.1.0 ) - 』

 

本資料が組織のCSIRT活動(インシデント対応体制の事前準備と事後対応体制の確保)、環境整備の参考になれば幸いです。


[更新履歴]
2020 年 09月 09 日:初版公開

主査 小村 誠一 (AT-CSIRT)
事務局 柴山 芳則 (AW-CSIRT)
担当運営委員 萩原 健太 (GSX-CSIRT)


 


発行日:2020-09-09T10:00+09:00