会員一覧 Member summary

会員 (チーム) 情報

OMU CSIRT

チームの正式名称 大阪公立大学情報セキュリティインシデント対応チーム
チームの略称 OMU CSIRT
所属する組織名 公立大学法人大阪 大阪公立大学
設立年月日 2018/09/15
チームの Email アドレス
チームサイト https://www.omu.ac.jp/cci/
所属組織サイト https://www.omu.ac.jp/
加盟年月 2020 年 05 月

 

1. 概要
  2022年4月に大阪府立大学と大阪市立大学の統合・再編により、大阪公立大学が設置されました。旧大学の情報基盤センターから発展的に分離・独立する形で、大阪公立大学に情報セキュリティセンターを設立しました。
これまでの両大学の経験や知見を活かしつつ、情報セキュリティを取り巻く環境の変化も見据え、大阪公立大学における情報資産の保護および活用に不可欠な情報セキュリティ対策を推進しています。
2. 設立の経緯・背景
  情報セキュリティを取り巻く環境は年々厳しくなっています。一方、大学統合により、より重要な情報資産も増え、インシデント発生時の迅速かつ円滑な対応の重要性が高まっています。
インシデントレスポンスにおける初動対応の迅速化と通知窓口の一元化をはかるため、2022年4月の大阪公立大学開学と同時にOMU CSIRTを設立してインシデント発生時の報告ルートを整理、スムーズな初動対応が可能な体制を整えました。
   
3. 会社内における位置づけおよび活動内容
  (1) 位置づけ
大阪公立大学では、情報セキュリティに関する教育や啓発、監査や訓練などのセキュリティ施策、初動対応やハンドリングなどの対応をOMU CSIRTにて実施します。小さな案件も含めて学内からの通報を推奨しており、事案に応じて関連他部署に連携するなど、平素から情報システム利用者と良好な関係を築けるように心がけています。

(2) 活動内容
主な活動内容は以下のとおりです。
・インシデント対応
・サイバーセキュリティに係る情報収集・分析
・脆弱性対応(脆弱性検査)
・システム監査
・システム利用者のセキュリティ啓発活動、訓練
・学内外への注意喚起
・他組織シーサート他、関係機関との情報セキュリティにおける連携・協力