一般社団法人
日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会
Nippon CSIRT Association

会員 (チーム) 情報

SONY-JP-SIRT

チームの正式名称 SONY Japan Security Incident Response Team
チームの略称 SONY-JP-SIRT
所属する組織名 ソニーグループ株式会社
設立年月日 2011年9月6日
チームの Email アドレス
チームサイト
所属組織サイト https://www.sony.co.jp/
加盟年月 2016 年 09 月
1.概要
SONY-JP-SIRTは、ソニーグループ株式会社によって運営されているソニーグループの日本国内のセキュリティインシデントレスポンスチームです。

井深大・盛田昭夫の二人が"自由闊達にして愉快なる理想工場"を目指して創業したソニー は、グループ全体で13万人規模の日本を代表するグローバル企業となりました。
エレクトロニクスから始まり、音楽、映画、ゲーム、ネットワークサービス、金融と事業領域を拡大しながら、世界に先駆けた商品やサービス、新しい文化を生み出してきました。これからも、お客様に感動をもたらし、好奇心を刺激する会社であり続けることをミッションとし、成長を加速させていきます。
2.設立の経緯・背景
ソニーは情報セキュリティの領域において、急速に高度化する脅威に直面しています。グローバル企業が保有する情報を狙う攻撃者の数は増え続け、より高い能力を用いて、これまで以上に継続的な攻撃が行われています。このような状況に対応するため、ソニーはチーフ・インフォメーション・セキュリティ・オフィサー(CISO)を長とした情報セキュリティおよびプライバシー組織を設置しました。
3.会社内における位置づけおよび活動内容
(位置付け)
ソニーグループ株式会社 本社情報セキュリティ部門内に、専任のメンバーによってSIRT(セキュリティインシデントレスポンスチーム)を構成しています。このSIRTはIT関連に限らず、ソニーグループ内で発生した情報セキュリティインシデントに幅広く対応します。

(活動内容)
・セキュリティインシデントの分析を行い、アメリカ側のセキュリティ事故対応チームと連携し、対応策の検討、支援を行う。
・アメリカ側の方針に対する検証/評価を行い、意思決定プロセスに関わる体制を構築する。
・社内外の関係各所とセキュリティ対策のコミュニケーションをとり、今後のインシデント防止に向けた体制、情報基盤の構築を図る。
・社内セキュリティ人材の育成、知識やノウハウの蓄積と底上げを行う。
ページトップへ